鹿児島 焼酎蔵訪問記

9月と10月に初の鹿児島・初の焼酎蔵訪問へ行ってきました。

 

訪れた蔵は、9月に萬膳酒造(萬膳)・国分酒造(いも麹芋)・佐多商店(晴耕雨読・不二才)・10月に塩田酒造(六代目百合)・尾込商店(さつま寿)です。どの蔵も仕込みがお忙しい中、暖かくお出迎えいただきました。

 

二回とも1泊2日という弾丸鹿児島出張でしたが、合計5つの蔵を周ることが出来たので、一つの蔵だけを見て、これが焼酎造りと認識するのではなく、それぞれ異なった規模や特色、製法を見ることが出来ました。

 

写真は六代目百合の塩田酒造での芋掛け作業です。どんどん芋が投入され、重くなりますが、力の入れ方もわからず、姿勢もぎこちなってしまいました。履いていた黒のジーンズは飛び散った芋だらけでした。

 

スタッフ:石原