五島灘「明治之芋」

五島灘「明治之芋」

五島灘酒造(長崎県南松浦郡)

 

 

”美味しい!”度数を感じさせない柔らかさと甘み。今年は全量「金ぼけ」です!

 

 

アルコール分:25度

原材料:金ぼけ、米麹(国内産)

麹菌:白麹エクセレント

種類:常圧蒸留

 

 

価格(税込)

1800ml 3,024円

 

 

 


【蔵元コメント抜粋】

初めて黄金千貫を五島に持ち込んだ時に、おばあちゃんたちが言った「金(きん)ぼけ懐かしかねぇ」。

この言葉から「金ぼけ」を調べ、「金ぼけ」で焼酎を造ってみたいとの想いが芽生えました。

調べてみると、五島に100年以上昔からある在来品種。明治33年に日本に伝わり五島へも伝わりました。

 

農家のいない上五島で探し始めて3年、民家で100年代々受け継いだ親イモを8個分けてもらい、3年かけて1600kgまで増やしました。初回分は一仕込み分に足りなかったため黄金千貫を混ぜての仕込みとなりましたが、今回は全量「金ぼけ」にて仕込むことが出来ました。

日本へ伝わった時には各地で栽培されたこの芋ですが、私たちが栽培してみて気づいたことは畑を選ぶ芋のようで上五島でも一部の畑でしかうまく栽培できませんでした。そのため当時、日本各地に伝わったこの芋も今ではみかけなくなったのかもしれません。明治之芋 五島灘の、二度目の出荷を迎えることができたことを嬉しく思います。