宮城県・都城の焼酎 千本桜・駒・赤鹿毛(柳田酒造)

新規取扱いとして柳田酒造の焼酎、3商品が入荷致しました。

 

荘園の時代、米作りが盛んで、日本一の生産地だったとの事。鹿児島と言えば島津藩(鹿児島の志士を生み出した鹿児島の代名詞)。

実は島津家も出身は都城だったそうす。都城は明治四年「廃藩置県」が発令された際は「都城県」が発足され、時の薩摩藩家老が知事に就任。その後すぐに宮崎県と合併しますが、薩摩文化の流れは今でも色濃く、宮崎と鹿児島両方の影響を受けながら独自文化を育む地です。

仕込水は地下100m以上の地下水を使用。幾つも重なる硬い岩盤を通る間に自然に濾過され良質なミネラルと程よい炭酸ガスを含んでたどり着きます。蔵元兼造り手の柳田酒造5代目柳田正さんは、昭和48年生まれ。エンジニアとして5年間仕事をしたのち、平成14年蔵に入りました。8年間4代目の教えを受け、平成22年より5代目代表に就任。元々技術職に就いていたため、蔵の設備の一部や、蒸留機の配管等は自ら手掛けております。

 

 

【芋焼酎】母智丘 千本桜 もちお せんぼんざくら

1800ml 2,600円/720ml 1,300円

芋:黄金千貫 ALC度:25%

「創業当時から引き継がれてきた芋焼酎でしたが、先代が40歳の1978年、経営判断により芋焼酎の製造をやめ、麦焼酎専門蔵になり芋焼酎は一時途絶えました。

いつか千本桜の復活を望んでいた五代目が蔵を受け継ぎ、先代の経営判断した麦焼酎を一心に造り、10年が経過。40歳になった5代目が2013年に35年ぶりに復活した芋焼酎がこの千本桜です。都城の桜の名所が母智丘(もちお)公園です。」

 

【麦焼酎】駒 こま

1800ml 1,950円/720ml 1,010円

ALC度:25%

「大麦の風味を活かすために、じっくりと低温で蒸留。

フルーティな甘い香りとまろやかな味わい。

優しい口当たりです。

 

【麦焼酎】赤鹿毛 あかかげ

1800ml 2,300円(欠品中)/720ml 1,150円

ALC度:25%

「口当たりよく、麦本来のほんのりした甘さがパッと広がります。」

 

※すべて税込表記です。